単身パックなら長距離引越しも安い?

長距離引越しなら単身パックを選ぶ方が安くなるのでしょうか?

 

単身住まいでの長距離引越しは意外に多くあります。転勤による単身赴任や大学の入学や卒業、新入社員として入社する場合には他府県への引越しが良くあります。

 

家族の荷物に比べれば引越し料金も安いだろうと思っていると、想像以上の見積もりの高さにびっくりします。同一市内なら2万円以下で済むような荷物量でも長距離引越しになれば10万円、20万円といった値段も珍しくないからです。

 

これが繁忙期になるとそれ以上の見積もりを出される可能性だってあります。なぜ相場よりもはるかに高い見積もりなのかというと、これは引越し業者が断る前提の金額なのです。引越しをいくらでも請け負える忙しい時期では地元で数多くの引越しをした方が、はるかに稼げるからです。

 

少しでも単身の長距離引越しを安くしたいなら、繁忙期や忙しい時期を外すか長距離引越しを得意としている業者を見つけることです。

 

特に単身は荷物量が少ないので大きなトラックであれば何件もの荷物を積み合わせて運ぶことができます。逆に軽トラなどで長距離引越しを走らせるのは無駄が多くコストも非常に掛かってしまいます。

 

日通やヤマト運輸といった大企業なら単身パックだけでなく、宅配便の荷物も一緒に運ぶことができるので、長距離引越しをより安いコストで走らせることができます。

 

もちろん大企業以外にも特定地域の長距離輸送を得意とする引越し業者はあるので、できるだけ多くの見積もりをもらうことが費用を安くするためのコツです。

 

会社毎の見積もり額の違いが10万円以上なんてことも珍しくありません。高くなりがちな長距離引越しはできるだけ見積もりを取りましょう。

 

⇒長距離引越しも安いプロスタッフの単身パックはコチラ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

関連ページ

単身パックの引越しで午後便やフリー便が安い
単身引越しを安くしたいなら午後便やフリー便がおすすめです。到着時間を変えるだけで単身パックは安くなる。
引越しの単身パックは大手か中小どちらが安い?
引越しで単身パックを選ぶ時に大手と中小でより安いのはどちらでしょうか。お得な方を詳しく解説します。